温泉のごあんない

トップページ > 温泉のごあんない

当館には全客室にお風呂がついております。しかし大変恐れ入りますが、温泉ではございません。
でも、少し足を伸ばして頂ければ、本宮町内には風情の異なる3つの温泉と、地元の人でにぎわう公衆浴場が皆様をお待ちしてます。

このページでは、当館付近の温泉(日帰り入浴可能な公衆浴場)の情報、行き方をご案内いたします。
なお、内容は変更となる場合がございますので、詳しくは御確認下さい。
また、定休日・営業時間を御確認下さいますようお願い致します。

温泉のごあんない 印刷はこちらをクリックして下さい(PDFファイル)

歩き・バスにてお越しの方にご注意!

バスにて温泉に入りに行かれる場合 午後からは便が少なくなります
温泉に行って当館に帰ってこれるバスの最終便は、17:00発ですのでご注意下さい。
なお、大変申し訳ございませんが、送迎は承ることができません。悪しからずご了承下さいませ。

温泉めぐりに便利なレンタカーもございます。八咫之助・八咫姫(やたのすけ・やたひめ)レンタカーのご案内はこちらを御覧下さい。

さぁ、どの温泉に行ってみますか?お好みの温泉をクリックしてみて下さい。
   
全部異なる雰囲気の温泉たちを、ぜひお楽しみ下さい!

湯の峰

湯の峰温泉

湯の峰温泉日本最古とも言われる温泉。古くは熊野詣の旅人がこの湯に浸かって身を清めた場所でもあり、世界唯一の世界遺産に登録された温泉「つぼ湯」がある場所としても有名です。
地元の人の言い伝えでは「湯の峰は外に効き、川湯は中に効く」とも言われ、アトピー性皮膚炎に悩む方がこの湯で具合が良くなったという話もよく聞きます。
歴史や伝統芸能に詳しい方は、歌舞伎でもおなじみの「小栗判官」再生の湯、としてもご存知かもしれませんね。
温泉卵づくりも体験できる、レトロな湯治場の雰囲気を色濃く残す温泉です。

*泉質:含硫黄・ナトリウム・炭酸水素塩泉
*効能:リューマチ性疾患・神経痛・皮膚病・糖尿病など
(以上、熊野本宮観光協会ホームページより)

公衆浴場情報

湯の峰温泉公衆浴場

*営業時間:6:00〜22:00
*定休日:なし
*内容:一般公衆浴場(男女別)・くすり湯(男女別)=くすり湯は源泉100%、薬草を加えた湯です。
*料金:一般公衆浴場=250円(12歳未満は130円) くすり湯=390円(12歳未満は190円)
*ご注意:いずれもタオル・バスタオル・石鹸・シャンプーなどの準備はありません。
当館ご利用のお客様は、当館のタオルなどをお持ちになってお出かけ下さい。
なお、くすり湯内では石鹸・シャンプーなどのご利用はできません。

つぼ湯

*営業時間:6:00〜21:30
*定休日:なし(川の増水時は利用できません)
*内容:2〜3名様程度入れる大きさの、岩をくりぬいた湯船。30分で交替制。
*料金:770円(12歳未満は460円) 公衆浴場の入浴も可。
*ご注意:利用申し込みは、湯の峰温泉公衆浴場の番台までお越し下さい。
交替制のため、混雑している時は待ち時間があります(予約不可)。
タオル・バスタオルの準備はありません。
当館ご利用のお客様は、当館のタオルなどをお持ちになってお出かけ下さい。
石鹸・シャンプーなどのご利用はできません。

アクセス方法

お車で…当館より国道311号線(旧道)にて約10分。駐車場あり(無料)

バスで…当館最寄りの「熊野本宮」バス停より、約10分〜20分(便によって異なります)「湯の峰温泉」下車すぐ。

川湯

川湯温泉

前を流れる大塔川の河原を掘ると、お湯が湧き出るという非常に珍しい温泉です。
夏は川遊びをしながら温泉を、冬は1,000人入れるというくらいの規模の、天然巨大露天風呂「仙人風呂」を楽しめます。
先ほどもご案内しました「湯の峰は外に効き、川湯は中に効く」と言う言い伝え…ここの温泉に入ると湯冷めせず、いつまでも身体の中からぽかぽか…。
一昔前は、「川湯の湯に入ると風邪ひかん」と言われたそうです。(ちょっと違うかもしれませんが)新型インフルエンザにも効くかも…。
深い山と、澄んだ水に恵まれたアウトドア系温泉です。

*泉質:アルカリ性単純温泉
*効能:浴用=神経痛・糖尿病など 飲用=糖尿病・胃腸病・痛風など
(以上、熊野本宮観光協会ホームページより)

公衆浴場情報

川湯温泉公衆浴場

*営業時間:8:00〜21:00(20:30最終入場)
*定休日:なし
*内容:一般公衆浴場(男女別)
*料金:250円(12歳未満は130円)
*ご注意:タオル・バスタオル・石鹸・シャンプーなどの準備はありません。
当館ご利用のお客様は、当館のタオルなどをお持ちになってお出かけ下さい。

仙人風呂

2016-2017年シーズンは終了しました。

*開催期間:12月1日〜翌年2月(予定)
(2011年シーズンより12月オープンとなりました
*開放時間:6:30〜22:00
*定休日:なし。ただし雨天・増水時は入れないことがあります。
また、洪水により仙人風呂が流れてしまうこともあり、その場合は水が引いても修復工事のため入れない期間があります。
必ず 熊野本宮観光協会さん(Tel.0735-42-0735)にご確認ください。
*料金:無料
*ご注意:シャンプー・石鹸などはご利用頂けません。
混浴ですが、水着着用OKです。
脱衣所あります。が、簡易なものですので御了承下さい。
ペット・飲酒後の入浴はできません。
飲食物の持ち込みはご遠慮願います。
寒い時期ですので、急激な温度変化による体調急変が無いよう、湯の温度をお確かめの上ご利用下さい。
また、体調のすぐれない方、血圧の高い方、心臓の弱い方、高度の動脈硬化の方などは入浴をご遠慮下さい。
湯あたりなどにも十分ご注意願います。

アクセス方法

お車で…当館より国道168号線〜県道45号線にて約10分。
夏季・仙人風呂開催時期は基本的に臨時駐車場あり(河原に設けるため、増水後は利用できない場合あり。無料)

バスで…当館最寄りの「熊野本宮」バス停より、約10分〜20分(便によって異なります)
公衆浴場=「川湯温泉」下車 徒歩3分
仙人風呂=「ふじや前」下車 すぐ

渡瀬

渡瀬温泉

湯の峰温泉と川湯温泉の中間に位置する渡瀬(わたらせ)温泉は、近年開かれた温泉地。
他の二つの温泉地と異なるところは、設備の充実ぶり。
「西日本最大級の露天風呂」を うたう「わたらせ温泉」さんには、湯温の異なる大小さまざまな露天風呂をはじめ、貸切の家族風呂も設置。
また、「クアハウス熊野本宮」さんには、健康増進を目的とした蒸気浴・打たせ湯など色々な設備があります。
ご家族連れにはうれしい設備が備わった温泉です。

*泉質:ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉(塩化物泉)
*効能:浴用=リューマチ・神経疾患・創傷リューマチ性疾患・神経痛・皮膚病・糖尿病など 飲用=慢性消火器疾患・糖尿病・痛風
(以上、熊野本宮観光協会ホームページより)

公衆浴場情報

わたらせ温泉 大露天風呂

*営業時間:大露天風呂=6:00〜22:00(21:30最終入場) 家族風呂=8:00〜19:00最終入場(混雑時は昼過ぎまでで終了の場合あり)。利用は1時間まで。
*定休日:なし
*内容:大露天風呂(男女別)・家族風呂(4か所)
*料金:大露天風呂=700円(3歳〜小学生は300円) 家族風呂=1,400円(3歳〜小学生は600円) ※JAF会員様は割引あり。

クアハウス熊野本宮

*営業時間:10:00〜21:00(20:00最終入場)
*定休日:毎週木曜日(木曜日が祝日の場合は、木曜営業・金曜休業)
*料金:600円(12歳未満は300円)
*夏季は温泉プールも営業(毎週水曜日休業)

アクセス方法

お車で…当館より国道168号線・国道311号線にて約10分。駐車場あり(無料)

バスで…当館最寄りの「熊野本宮」バス停より、約10分〜20分(便によって異なります)「渡瀬温泉」下車。
わたらせ温泉 大露天風呂=「渡瀬温泉」バス停より徒歩3分
クアハウス熊野本宮=「渡瀬温泉」バス停より徒歩6分

本宮大社近く

本宮大社近くの温泉 水害被災より2012年11月29日、再開致しました!

実は、当館から歩いて行けるところにも温泉はあるんです!
熊野本宮大社のふもと、当館からは歩いて約7分。田辺市保健福祉総合センター「うらら館」の中にある「蘇生の湯」は、観光客の方でも入浴OK。
普段は住民の方々でにぎわっていますが、熊野古道を歩き切った後、入りに来られる方もいらっしゃる温泉ですので、行ってみてはいかがでしょうか?

公衆浴場情報

「蘇生の湯」

*営業時間:15:00〜20:00
*定休日:毎週水曜日
*料金:200円(小・中学生は100円)
*ご注意:タオル・バスタオル・石鹸・シャンプーなどの準備はありません。
当館ご利用のお客様は、当館のタオルなどをお持ちになってお出かけ下さい。

アクセス方法

徒歩で…当館より約7分。
国道168号線を本宮大社方面へ→郵便局手前を左折→ほどなく紀陽銀行前を左折して橋を渡る→橋を渡ったら川沿いに進み、前に見える建物が「うらら館」です。

お車で…約3分。駐車場あり(無料)


Copy Rights     "旅人の宿 蒼空げすとはうす"     since 2008