熊野古道・おてがるコース

トップページ > 熊野古道・おすすめコース > おてがるコース

あまり時間が取れない、山歩きの経験があまりない、とりあえず「熊野古道」には立ってみたい。
そんな方におすすめのコースです。いずれもバス停が近くにありますので、片道はバスで移動することができ、効率的に熊野古道を味わえます。

2011年台風12号・15号 および 2018年台風20号・21号災害の後、熊野古道はほぼ全線通行可能となりました。
しかしながら今後、大雨・台風上陸が予想される天候の場合、新たな災害が起こる可能性も否定できません。
お越しの際の天候など、条件を十分考慮の上お越し下さい。
(好天の場合は問題なく散策頂けます)

秋・冬・春の熊野古道散策の際は、日の入りの時間を必ずお確かめください。
11月後半から2月前半までは午後4時30分までに 11月前半・2月後半は午後5時までに歩き終わられるよう
計画をお立てになることをおすすめします(森の中は平地よりも早く暗く感じます)

また、こちらでご案内するコースは当館が一般的におすすめするコースであり、お客様の体力・天候状況などにより適さない場合がありますので、ご承知おき下さい。
本案内によって生じた損害に関する責は一切負いかねます。
熊野古道散策は、足元が良くない場所も多いので必ず歩きやすい服装・靴でお楽しみ下さい。

発心門王子〜熊野本宮大社(約7km / 3時間)

熊野古道の中でも最もメジャーな「中辺路(なかへち)」の中のお手軽コース。道もなだらかで歩きやすいです。
スタート地点の「発心門王子」まではバスでご移動下さい。
この発心門王子は、古道沿いに多数ある「王子社」の中でも特に格式の高い5か所「五体王子」の一つ。
昔なつかしい日本の田舎集落の風景を見つつ、「水呑王子」からは杉木立の中を行く古道らしい道へと。
再び集落の中の舗装道を経て、数々の伝説の残る「伏拝王子」、地道へ戻って「三軒茶屋」を経由。
時間があればちょっと寄り道して「見晴らし台」へ立ち寄ってみて下さい。「大斎原」の大鳥居が見渡せます。
そして、いにしえびとが熱望した「熊野本宮大社」がゴール。旅の安全や皆様の幸福をご祈願なさって下さい。
ここから蒼空げすとはうすまでは徒歩10分ほど。
また新宮・田辺・白浜・十津川方面へのバスもこの近くより出発しています。

詳細地図「和歌山県街道マップ」(和歌山県観光連盟)はこちら
熊野古道から 当館への 地図はこちら

熊野古道「中辺路」
(c)Kumano Photo Gallery

熊野本宮大社
(c)熊野本宮大社


三軒茶屋〜熊野本宮大社(約3km / 1時間)

上記「発心門王子〜熊野本宮大社」コースの一部を歩くショートコース。時間がないけど熊野古道を歩いてみたいという方にはおすすめです。
スタート地点へのアクセスは「平岩口」バス停から。国道と平行する登り坂を約10分登っていくと、熊野古道「三軒茶屋」に着きますので、ここから熊野古道歩きをスタート。短距離ですが、山の中の石畳など熊野古道らしい風景にも出会えます。
大鳥居を望む「見晴らし台」にも立ち寄ることができます。

詳細地図「和歌山県街道マップ」(和歌山県観光連盟)はこちら
熊野古道から 当館への 地図はこちら

熊野古道・三軒茶屋付近

見晴らし台から大斎原を望む
(c)Kumano Photo Gallery


牛馬童子口バス停〜近露王子(約3km / 1時間)

田辺・白浜方面に行かれる場合はこのルートもおすすめ。熊野古道のシンボル「牛馬童子像」を見に行き、峠を越えるコースです。
近露地区にあるドライブイン「古道歩きの里ちかつゆ」さんで、片道送迎付きの「古道歩き体験」を開催しております(有料)ので、車でお越しの方にも便利に古道歩きを楽しんで頂けます。
「古道歩き体験」の詳細は 「古道歩きの里 ちかつゆ」さんのホームページにてご確認下さい。

詳細地図「和歌山県街道マップ」(和歌山県観光連盟)はこちら
熊野古道から 当館への 地図はこちら

牛馬童子像


【大日越】熊野本宮(蒼空げすとはうす)〜湯の峰温泉(約4km / 1時間30分)

当館から一番近い熊野古道です。
古くは熊野本宮大社に参拝する前に、湯の峰温泉の湯で身を清め、この道を歩いてきたといわれます。
距離は短いものの、大日山を越える峠越えですので少しハード。
しかし、アクセスの良さがこのルートのおすすめポイントです。
「大日越」の登り口までは、なんと当館から徒歩1分!
朝のお散歩に、途中の「月見ヶ丘神社」まで往復するのも気持ちよいでしょう。

詳細地図「和歌山県街道マップ」(和歌山県観光連盟)はこちら
熊野古道から 当館への 地図はこちら

熊野古道・大日越


【大門坂】大門坂駐車場〜熊野那智大社(約2km / 1時間)

那智の滝・熊野那智大社・青岸渡寺へお越しなら、こちらを歩いてみて下さい。
杉木立の中、石畳が上へ上へと続いていく…熊野古道のイメージとしては、ここが一番おなじみかもしれません。
途中の茶屋では「平安衣装体験」もでき、一味違った思い出を作ることができるでしょう。
坂の上下を結ぶ路線バスもありますので、お車でお越しの方にも大変便利なコースです。
当館より那智まで お車で約1時間15分。バス乗り継ぎで約2時間〜2時間半です。

那智山大門坂の地図はこちら(那智勝浦町観光協会さんのページ)をご覧下さい。
熊野那智大社方面へのバス時刻表はこちらをご覧下さい。

那智の滝・青岸渡寺三重塔

Λ
トップに戻る


Copy Rights     "旅人の宿 蒼空げすとはうす"     since 2008